2020-03-04
お知らせ

新型コロナウイルス感染症についての方針(派遣スタッフの皆さま・社員各位へのお知らせ)

1.基本方針
根本にあるのは、「自分の命を守る」ということです。
今回の新型コロナウイルス ( COVID-19 ) の場合、 30 歳台までの人は重症化率や死亡率が非常に小さいようで、
40 歳台で 30 歳台の倍となるがそれでも小さく、50 歳台以上で急激に重症化率、死亡率が上昇するようです。
ダルい、喉が痛い、咳が酷いなどの風邪症状が出ても、数日休んで暖かくして安静にして体力の維持に努めれば、
大部分の人は自己免疫力で回復するようです。
ところが、無理をしてしまうと体力を落としてしまい、
もし悪化をしてしまった場合、まだ治療薬が分かっていない状態なので、重症化し、
場合によっては死に至る可能性が急激に高くなるようです。
重症化してしまうと、死亡率が2%程度になるようです。( インフルエン ザは0.1% )。
また、重症化に至ると進行が速いという報告もあります。ですから、自分の命を守るために
「風邪症状が出たら、躊躇なく休みを取って、水分と栄養をとり、暖かくして数日間安静にして体力回復に努めるべき」で、
そうすれば重症化のリスクは随分低くるそうです。 これは勿論、万が一コロナウイルスに感染していたとしても、
他の人に感染させないために必要な事となります。 派遣スタッフさん・社員を問わず、可能な範囲で協力しましょう。

2.行動指針
国の指針に従って行動をお願いします。
「厚労省_新型コロナウイルスを防ぐには」
「厚労省_新型コロナウイルス感染症についての相談・受信の目安」

3.予防のための知識
感染しないことが一番良いです。
まず、「厚労省_新型コロナウイルスを防ぐには」 を参照して、対策を確認してください。
詳細に関しては、「新型インフルエンザの感染防止策として、一般の人々が普段の生活の 中で実施できるもの」
として厚労省が挙げていることが、新型コロナウイルス対策にも有効 とされていますので、下記引用を参考にしてください。

###厚労省「事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン」より引用###
有効と考えられる感染防止策としては、以下が挙げられる。
・対人距離の保持
・手洗い
・咳エチケット
・職場の清掃
・消毒
###以上、引用終わり###

4.厚労省の情報(参考)
以下は厚労省が発信している情報がまとめてあるサイトです。参考にしてください。

【情報発信】
・新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談(コールセンター)をフリーダイヤル化
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09347.html
・新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09151.html
・新型コロナウイルス関連肺炎に関する Q&A を発出し、広く国民に情報提供を行っている(随時更新)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html